iPhoneと“スマートフォン” は同じ ―どうちがう?

「iPhoneじゃなくて、スマホ使ってるんですけど」
といわれることがときどきありまして。
たしかに、iPhoneは“iPhone”ですものね。
この場合、“スマートフォン”はAndroidスマホを差すのでしょう。
でも実は、iPhoneとAndroid・・・
両方、スマートフォンです。

OSの違い

スマートフォンは主にiPhoneと、Androidスマートフォンが人気です。(そのほかにBlack Berryや、最近はwindows phoneが何機種か増えてきました。いずれ記事にします)
iPhoneは、Apple社(Apple)がつくっているスマートフォンの名称です。今のスマートフォンブームの火付け役ともいえるスマートフォンです。
Androidは本来、OS(コンピュータを動かすプログラム)の名前であり、特定の機種シリーズの名称ではありません。色んなメーカーの、AndroidをOSとするスマートフォンをAndroidと呼ぶことが多くなりました。
(iPhoneのOSはiOSといいます。)

つまり、iPhoneと呼べばiPhoneだとわかるから、「僕のiPhone」を「僕のスマートフォン」と表現することは少ないですね。
でも、みんなスマートフォンなのですわ。

どっちがいいの~?

じぁあどっちがいいんでしょという話ですが、
「こっちがイイ、あっちはダメ」という言い方はできません。両方よいものです。

好きなほうを選んでいいで完結したいところですが、
完結しないですね。

強いて言うなれば、という観点で以下の通り。

“なんとなく”な操作性で使いたい場合はiPhone

iPhoneは直感的な操作を推奨した画面構成になっていると思います。
できるだけ絵や色など視認性でスピーディーな操作ができる様にと考えられている気がします。

理屈で操作を理解したいならAndroid

何を言っているかというと、
例えば、メーカーによっては、ダウンロード可能なマニュアルがあるのがAndroidです。
無知識状態から操作をマスターできる代物ではありませんが、
本体操作の基礎の基礎といったあたりまでは参照できるでしょう。

また、画面表示上で、言葉によるガイドが比較的多いのもAndroidです。
例えば更新可能なアプリがある場合、
iPhone → Appstoreのアイコンに数字(更新可能なアプリ数)がつく
Android → 通知バーに「○件の新しいアップデートが保留中です」といった旨の言葉による通知が出る

おサイフケータイや防水、付加機能で譲れないならAndroid

おサイフケータイや防水、ワンセグといった付加機能はiPhoneにはありません(Androidにも、無い機種は多いですけど)。
これだけで選択肢がはっきりする方もいると思います。

結局、第一印象を大切にしたいところ

いろいろ書きましたが、iPhoneとAndroidのどちらか選ぼうとなったら、素直に感じた印象に従って選んで良いと思います。
iPhoneだと通信キャリアが限定されるとかAndroidだとアプリが少ないなど昔は不自由さがありましたが、
現在はiPhoneもAndroidもほぼフラットな目線で比較できると思いますし。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です